難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
10月19日(金)
文字サイズを変更大標準小

くすり

  • ベータ遮断薬
  • 心筋の収縮力の低下と心拍数の減少をもたらすことで、以下の症状が改善します。
    ・心臓の左室の拡張能が向上して、息切れ、呼吸困難を改善します。
    ・左室流出路狭窄を改善して、全身倦怠感、めまい、失神発作を減らします。
    ・心筋の酸素需要が減るため、胸痛が改善します。
    ・心筋虚血、交感神経活性亢進に伴う不整脈に有効で、心室性不整脈による失神、めまい等の症状を改善します。

    心臓にだけ選択的に作用し、気管支への影響は比較的小さいです。心不全や喘息、レイノー症状がある方には基本的には使えません。飲み合わせに注意する薬がたくさんありますので、別に服用している薬があったら主治医に申告して下さい。

    「メトプロロール」
    脂溶性なので、よく吸収され、肝臓で速やかに代謝されます。脳内に入りやすい性質があります。内因性の交感神経刺激作用がありません。

    「ビソプロロール」
    水溶性のため吸収や代謝が遅く、多くは腎臓から直接排泄されます。脳内に入りにくいので気分の変調といった中枢性の副作用は少ないと考えられています。内因性の交感神経刺激作用がありません。半減期が長く持続性があります。

    「カルベジロール」
    交感神経が血管に作用するα1受容体と心臓にあるβ受容体の両方に働いてそれを遮断する作用を持ち、両方の効果によって血圧を下げます。α1受容体の遮断では立ちくらみや脈が速くなるといった副作用があることから、左室流出路が狭くなっている閉塞性肥大型心筋症の患者さんには使いません。
  • カルシウム拮抗薬
  • 血管壁の細胞にカルシウムイオンが流入すると、血管が収縮し血圧が上がります。この薬はカルシウムイオンの働きを阻害して血管を広げ、心臓の負担を軽減します。

    「ベラパミル」
    一般的なカルシウム拮抗薬と異なり、心臓の心拍を抑える作用が強いのが特徴です。グレープフルーツジュースを飲むとこの薬の血液濃度が上がり、副作用を起こす危険があります。

    「ジルチアゼム」
    効き目がよく、安全性が高く、血糖、尿酸、脂質などに影響しないため、年齢を問わず広く使われます。
  • 抗不整脈薬
  • 心臓の規則的なリズムは、右心房にある「洞結節」というところで作られます。ここで発生する微弱な電気が刺激伝導系という経路を通じて心房から心室へと伝えられ、拍動が生じるのですが、刺激伝導系に不具合が生じると心臓が規則正しく拍動しなくなり、脈が乱れます。これを「不整脈」といいます。抗不整脈薬は刺激伝導系の電気の流れを鎮める働きをします。
    以下の薬は閉塞性肥大型心筋症の患者さんに用いられ、うっ血性心不全のある拡張相肥大型心筋症の患者さんには使われません。

    「ジソピラミド」
    心室性期外収縮、上室性頻拍、心房細動などいろいろな不整脈に用いられます。飲み合わせに注意する薬が多いので、服用中の薬があったら医師に必ず申告しましょう。また、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)を含む健康食品は薬の作用を弱めるので、避けなければなりません。

    「シベンゾリン」
    心室性および心房性の不整脈に用いられます。飲み合わせに注意する薬がありますので、服用中の薬があったら医師に必ず申告しましょう。
  • ワルファリン
  • 血栓ができないようにする薬(抗凝血剤)で、心房細動の患者さんや心臓弁膜症で機械弁に置換された方に使われます。納豆、クロレラ、青汁などビタミンKを含む食品は効き目を打ち消してしまうため、避けなければなりません。あと、出血が固まりにくくなりますので、包丁などを使う作業には細心の注意が必要です。
  • ダビガトラン
  • 新規抗凝固薬の1つで直接トロンビン阻害薬。ビタミンK非依存のため食物の影響を受けにくい、患者毎に投与量を調整する必要が原則ないなどの利点があります。国際共同試験ではワルファリンに対する優位性が示され、出血性合併症を減らしたとの報告もあります。日本では2011年3月から販売が始まっており、今後ワルファリンとの棲み分けが検討されていくでしょう。(参照:日本循環器学会「心房細動における抗血栓療法に関する緊急ステートメント」
  • アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)
  • 拡張相肥大型心筋症の治療に使われます。左室流出路狭窄を増強させる効果があるので、閉塞性肥大型心筋症の患者さんに投与してはいけません。
    血圧を上昇させる作用を持つ生理活性物質アンジオテンシン2の生成に関与しているアンジオテンシン変換酵素の働きを阻害して、血圧を下げます。「エナラプリル」、「リシノプリル」などがあります。
    咳が出やすいという副作用があります。また、飲み合わせに注意する薬がありますので、服用中の薬があったら医師に必ず申告しましょう。
  • アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)
  • 拡張相肥大型心筋症の治療に使われます。左室流出路狭窄を増強させる効果があるので、閉塞性肥大型心筋症の患者さんに投与してはいけません。
    アンジオテンシン2と結びついて昇圧作用をもたらす、アンジオテンシン2受容体の働きを阻害する薬です。「ロサルタンカリウム」、「カンデサルタンシレキセチル」などがあります。咳の副作用はありません。また、飲み合わせに注意する薬がありますので、服用中の薬があったら医師に必ず申告しましょう。
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。