難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
7月17日(火)
文字サイズを変更大標準小

合併症

    閉塞性肥大型心筋症では左心室から血液が出てくる部分が狭くなっているため、運動時に十分な血液を送り出すことができません。そのため呼吸困難、めまい、失神を引き起こしますが、病状が進行すると、大動脈弁や僧帽弁に負担がかかって心臓弁膜症を引き起こしたり、心室頻拍や心房細動などの不整脈があらわれたりします。
    心房細動になると心房内の血流が悪くなり、血がよどんで心房の壁に血栓ができやすくなります。この血栓がはがれ落ちて、血液によって脳に運ばれて行くと脳動脈を塞いで脳梗塞を、肺に行くと肺塞栓症を引き起こします。こういった心原性の塞栓症を予防するために、心房細動を起こす患者さんには抗不整脈剤とともに、抗凝血剤の「ワルファリン」が投与されます。
    心臓弁膜症は最終的には人工弁置換などの外科手術によって根治します。
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。