難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
7月17日(火)
文字サイズを変更大標準小

医療機器

  • 人工網膜
  • 網膜色素変性が進行した患者向けに開発された、人工的な網膜。
    網膜色素変性が進行して、脳に映像を伝えるために光を信号に変える視細胞は使えない状態になっても、情報を脳に伝える仕組みにはおおむね問題がありません。そこでビデオカメラで画像を取り込み、画像を処理して、体内に埋め込んだ装置で画像を電気信号として受け取り、視神経に渡す装置によって、画像を脳に伝え、見ることができるようにします。
    2011年にヨーロッパで承認され、2013年2月にアメリカのFDA(米食品医薬品局)で承認されました。日本でも研究が進められていますし、承認に向けての動きもあります。

    感覚系における人工臓器 人工網膜 - 日本人工臓器学会
    ?
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。