難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
10月21日(日)
文字サイズを変更大標準小

医学書

  • 医学専門書
  • 『パーキンソン病 (インフォームドコンセントのための図説シリーズ)』
    5,040円(税込)
    武田 篤 編
    単行本:139ページ
    出版社:医薬ジャーナル
    発売日:2013/8
    パーキンソン病の基礎的な知識から現時点での様々な治療法まで、厳選した図表や写真を用いて丁寧に説明しています。薬剤情報については、2013年3月承認の「イストラデフィリン」まで最先端の内容を漏れなく反映しています。

    『みんなで学ぶパーキンソン病』
    2,940円(税込)
    柏原健一、武田 篤、前田哲也 著
    単行本:140ページ
    出版社:南江堂
    発売日:2013/5
    パーキンソン病の全体像を、正しい知識の普及を目的に第一人者が分かりやすく解説しています。症状や具体的な治療、リハビリテーションの実際、病状が進んだときの対処法などを中心に、最新の知識も交えて学ぶことができます。専門家でなくとも理解できるよう工夫され、患者さんによく聞かれるQ&Aも掲載。医療スタッフだけでなく、患者・家族もぜひ読みたい一冊。


    『みんなで学ぶパーキンソン病』
    2,940円(税込)
    柏原健一 著、武田 篤 著、前田哲也 著
    単行本:140ページ
    出版社:南江堂
    発売日:2013/5
    パーキンソン病の全体像を、正しい知識の普及を目的に第一人者が分かりやすく解説しています。症状や具体的な治療、リハビリテーションの実際、病状が進んだときの対処法などを中心に、最新の知識も交えて学ぶことができます。専門家でなくとも理解できるよう工夫され、患者さんによく聞かれるQ&Aも掲載。医療スタッフだけでなく、患者・家族もぜひ読みたい一冊。

    『パーキンソン病の診かた 治療の進めかた』
    4,830円(税込)
    水野美邦 著
    単行本:306ページ
    出版社:中外医学社
    発売日:2012/5
    パーキンソン病学の泰斗が,その豊富な経験を踏まえてPD診療に必須の知識と考え方をわかりやすく解き明かす、パーキンソン病の診療に携わるすべての人の必読書。

    『改定第2版 よくわかるパーキンソン病のすべて』
    7,350円(税込)
    水野美邦 編集・近藤智善 編集
    単行本:409ページ
    出版社:永井書店
    発売日:2011/9
    執筆陣はパーキンソン病治療ガイドラインの作成に参画した委員が中心。パーキンソン病治療の専門家でない医家にもわかりやすく、パーキンソン病の特徴的な神経症候、診断法、治療法などを解説します。

    『ガイドラインサポートハンドブック パーキンソン病』
    3,990円(税込)
    武田 篤 編
    単行本:223ページ
    出版社:医薬ジャーナル
    発売日:2011/5
    日本神経学会「パーキンソン病治療ガイドライン2011」をサポート、治療法選択のみならず、診療において重要と思われる関連事項についてもわかりやすく、詳しく書いています。

    『パーキンソン病治療ガイドライン 2011』
    5,460円(税込)
    日本神経学会 監修
    単行本:220ページ
    出版社:医学書院
    発売日:2011/4
    日本神経学会監修の下、パーキンソン病治療についてエビデンスに基づきまとめられた、パーキンソン病に携わる医師必携と言われるガイドラインです。第I編「抗パーキンソン病薬と手術療法の有効性と安全性」では各種薬剤・手術療法を詳述しています。第II編「クリニカル・クエスチョン」では運動症状および自律神経障害などの非運動症状への薬物療法、手術療法、リハビリテーションなど、治療の実際についてQ&A形式でわかりやすく解説しています。

    『病気がみえる〈vol.7〉脳・神経 (Medical Disease:An Illustrated Reference)』
    3,990円(税込)
    医療情報科学研究所 編集
    単行本:501ページ
    出版社:メディックメディア
    発売日:2011/3
    1000点のイラスト、400点の写真で脳・神経をビジュアライズして、神経解剖と神経内科・脳神経外科の疾患をわかりやすく解説しています。

    『パーキンソン病2―臨床の諸問題』
    7,350円(税込)
    山本光利 著
    単行本:399ページ
    出版社:中外医学社
    発売日:2010/12
    多岐にわたるパーキンソン病の臨床の問題点を第一線の専門家がまとめた本です。

    『パ-キンソン病診療Q&A 110』
    9,030円(税込)
    水野美邦 編
    単行本:380ページ
    出版社:中外医学社
    発売日:2009/10
    パーキンソン病の診断、治療について専門家が医家向けに回答するQ&A形式のハンドブックです。エビデンスをもとにノウハウを織り込んで答えています。

    『パーキンソン病 病因・病態と治療、うつ衝動抑制障害』
    6,300円(税込)
    山本光利 著
    単行本:216ページ
    出版社:中外医学社
    発売日:2008/5
    パーキンソン病研究の最前線を、国内外の権威が一堂に会する「第5回高松パーキンソン病シンポジウム」での報告を基にレビューした書籍です。

    『EBMのコンセプトを取り入れたパーキンソン病ハンドブック 2』
    10,500円(税込)
    水野美邦 著
    単行本:456ページ
    出版社:中外医学社
    発売日:2007/3
    パーキンソン病に関連した臨床・基礎の全てを最新の知見とEBM(科学的根拠に基づく医療)に基づいて解説した臨床の書。2001年の初版以降の内外の研究成果も盛り込んでいます。

    『パーキンソン病 治療薬の選び方と使い方』
    2,625円(税込)
    水野美邦 編集
    単行本:123ページ
    出版社:南江堂
    発売日:2004/5
    抗パーキンソン病薬の有効性・安全性を検討しているわが国のパーキンソン病の治療ガイドライン作成メンバーや、パーキンソン病の第一線の臨床家・研究家が、治療と治療薬について詳述しています。
  • 一般向け解説書
  • 『患者のための最新医学 パーキンソン病 (患者のための最新医学シリーズ)』
    1,260円(税込)
    織茂智之 著
    大型本:192ページ
    出版社:高橋書店
    発売日:2013/9
    むずかしい病気だからこそ知りたい、患者さんと家族のための本。パーキンソン病は、現在は症状を改善する薬も開発され、多くの患者さんは病気と共存しながら暮らすことが可能になっています。病気の症状や検査方法、治療法やリハビリ、日常生活を送るためのポイントなど、患者さんと家族が本当に知りたい情報を図版・イラスト満載で見やすく丁寧に解説しています。

    「パーキンソン病」「レビー小体型認知症」がわかるQAブック―原因のレビー小体は全身に
    1,470円(税込)
    小阪憲司、織茂智之 著
    単行本:126ページ
    出版社:メディカ出版
    発売日:2011/6/2
    最近大きな注目を集めている「レビー小体型認知症」の原因は、実は「パーキンソン病」と同じです。この本では、この2つの病気をQ&A形式でわかりやすく解説、両者の関係性をひもときながら、「症状」「検査」「診断」「治療」などを具体的に紹介しています。

    『やさしいパーキンソン病の自己管理』
    1,890円(税込)
    村田美穂 著
    大型本:91ページ
    出版社:医薬ジャーナル社
    発売日:2009/6
    パーキンソン病の症状と自己管理の2大ポイント「薬物療法」と「リハビリテーション」について、イラスト・図表を交えてやさしく解説しました。

    『新版 パーキンソン病 (よくわかる最新医学)』
    1,470円(税込)
    山之内博 監修
    単行本:160ページ
    出版社:主婦の友社
    発売日:2009/2
    パーキンソン病に関する一連の記述の他に、最新の薬物療法、福祉制度、社会制度についても取り上げています。

    『パーキンソン病―正しい治療がわかる本(EBMシリーズ)』
    1,470円(税込)
    竹村学 著
    単行本:175ページ
    出版社:法研
    発売日:2009/1
    薬の服用に伴う症状への対処法、リハビリ・支援の方法について詳しく書かれています。

    『パーキンソン病がもっとよくなる最新治療―いま注目の外科的治療“手術”を完全解説』
    1,470円(税込)
    鈴木一郎、川上徳昭 著
    単行本:159ページ
    出版社:主婦と生活社
    発売日:2008/12
    本人と家族が安心して暮らす心得を徹底的にアドバイスしています。

    『パーキンソン病ファミリーブック』
    1,575円(税込)
    森秀生 著
    単行本:146ページ
    出版社:日本評論社
    発売日:2008/09
    パーキンソン病についての情報が患者さんのみならず、ご家族にもわかりやすいように簡明に丁寧に書かれてあります。

    『パーキンソン病の患者さんのための住まいの工夫―家屋改修のポイン』
    2,100円(税込)
    阿部和夫、高島千敬 著
    単行本:86ページ
    出版社:星和書店
    発売日:2004/5
    「退院しても自宅で生活する自信がない」というパーキンソン病の患者さん自身や家族の生活動作を支えるためには、バリアフリー住宅にみられる心遣いや工夫が必要です。本書では、階段や手すり、ベッド、浴そう、トイレ、段差などの要所要所について、患者さん自身や介助者の動作を楽にするための改修のポイントを提示しています。豊富な写真資料による具体的なヒントが満載です。

    『水野美邦教授が答えるパーキンソン病治療と生活Q&A』
    1,800円(税別)
    伊坂廣子 編集
    単行本:158ページ
    出版社:保健同人社
    発売日:1999/5
    パーキンソン病の患者さんがもつ色々な質問に水野美邦教授が答える形で書かれています。
    水野美邦教授が答えるパーキンソン病治療と生活Q&A
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。