難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
4月26日(木)
文字サイズを変更大標準小

福祉用品

    脊髄小脳変性症では、歩行障害に対して歩行器、車いすなどの補装具が用いられます。障害者自立支援法によって、これらを購入する際に市区町村の補助を受けることができます。具体的な手続き方法、補助金額(本人の経済状況により変化)については最寄りの自治体の福祉担当窓口までお問い合わせ下さい。

    患者さんの能力(症状)やリハビリテーションの必要性に応じて車椅子や歩行器などの移動器具や、生活上必要な自助具を使い分けていくことが重要です。 多くの福祉機器が開発されていますので、カタログを見たり、サイトを閲覧したりして情報を収集するのもよいかも知れません。

    昇降機やスロープ、握り棒の設置、便座の改善など、住宅の改造が必要になることがあるかもしれません。
    (参照)パーキンソン病と脊髄小脳変性症の家屋改造のポイント(http://www.niigata-nh.go.jp/nanbyo/riha/pajuutaku.htm)
  • 福祉機器のホームページ
  • 福祉機器のホームページをご紹介いたします。
  • 「こころWeb」
  • URL:http://www.kokoroweb.org/
    同サイトは、障害を持つ方のパソコン利用や、コミュニケーションを、テクノロジーを使用して支援するための情報サイトです。
    パソコン利用を支援する技術や、コミュニケーションをとるためのツールについてわかりやすく解説されています。
  • 「福祉と障害者支援情報の総目次」
  • URL:http://www.kanazawa-med.ac.jp/~yamasita/fukusi/h-guide.html
    ネット上で入手できる福祉と障害者の支援情報の国内最大のリンク集です。福祉機器について調べるときに参考になると思います。
  • 衣服
  • 「点滴対応パジャマ(小児用)」
  • ズボンのボタンはホック・マジックテープにすると使いやすくなります。
  • 「点滴・注射用ワンタッチ長袖(男女共用)」
  • ゆったり設計でしめつけ感が少なくなっています。脇の下部分に、検温時に便利な穴を開けています。また、点滴・注射時にらくに腕がまくれるよう、袖口もワンタッチテープを使用しています。
  • 「フルオープン型の寝巻き一覧」
  • 「マジックテープ式の介護パジャマのサイト」
  • 「オーガニックパジャマ格子」
  • 着脱やおむつ替えがしやすいやさしい設計になっています。飾りボタンは付いていますが、マジックテープです。肌にふれる内側はオーガニック素材を使用しています。デザインは格子模様です。
  • 転倒の予防
  • 「サポートキャップ(頭部保護帽)」
  • 転倒したときに頭部を保護します。
  • 「アボネットシリーズ スポーツ」
  • 転倒したときに頭部を保護する帽子ですが、デザインがスポーツ帽風です。
  • 「転倒予防くつ下」
  • 広島大学大学院と共同開発した転倒予防くつ下です。安全な滑り止め効果がみられ、つまづき難くなっているそうです。
  • 「大腿骨頸部転倒時防護パンツ」
  • 転倒などで急に外から加わる力を周囲に拡散し、優れた防護効果で大腿骨頸部を守ります。プロテクター1枚の重量は40gで、普段の生活で着用できます。洗替え用パンツもありますのでプロテクターは1つだけの購入で済みます。サイズは4サイズあります。
  • 「立ち上がり機能付きリクライニングチェア」
  • 立ち上がり機能が付いたリクライニングチェアで、モーターの力でゆっくり昇降します。座面が斜めになって腰を押し出します。座位・リクライニング・立ち上がり、すべての動きはリモコンスイッチで作動します。
  • 振戦の予防
  • 「ソックスエイド」
  • 靴下をはく時、手がふるえたりする患者さんに便利です。
  • 「ソックスサポート」
  • 簡易ソックス履き補助具。靴下に挿入するとゴムが広がります。片手でも靴下を被せることができます。取っ手は簡単に外せますので、お好きな長さの紐に付け替えることもできます。
  • 「キルトソックスサポート」
  • 布製なので、引き抜く時にすべりにくく、上まで引っ張れます。幅広タイプです。あまり前屈姿勢にならなくても履けます。両手で靴下を被せることのできるかた向けです。
  • リハビリテーション(機能維持・生活訓練)
  • ・重量を負荷した靴を履いたり、ふくらはぎに重りをつけて歩きます
    ・弾性包帯 足を弾性包帯で巻くと、歩行失調と起立性低血圧の改善に有効です
  • 「重錘バンド」
  • 手首や足首に巻くと、手や足のふるえを抑えるのに効果がある場合があるようです。

    これらのリハビリテーションは、かかりつけの病院における作業療法士・理学療法士へ相談してから行ってください。
  • 排泄
  • 「ナーセントポータブルトイレ」
  • 患者さんの身長や症状に合わせて座面高さを5段階に調節できます。安定していて、立ったり座ったりが楽にできるようです。キャスター付きで、移動も楽になります。スチール製丸型と木製マルチ型があります。
  • 「ソフト補高便座」
  • 座面を高くすることで、膝にかかる負担を軽くし、便座への立ち座りをサポートします。また、体重が座面全体にかかる形状なので、長時間使用した場合でも無理なく使うことができるようです。便座自体がやわらかいので座った時の衝撃や痛みをやわらげます。
  • 「電動便座昇降機」
  • 電動で垂直または斜めに昇降する便座です。便座から立ったり、あるいは座ることが困難な人が使用します。これまで使っていた便器の外側から床に装置を固定するので、「補高便座」に比べてかなり大がかりな設置と費用になります。
  • 「安楽尿器」
  • 起き上がれない方、手足が不自由な方のために、寝たままでも排泄が行えるよう充分に考慮されています。
  • 「ベッドパン」
  • ベッド上で便や尿をとる便器です。あおむけになった患者さんのお尻の下に差し込んで使用します。広い面積で尿や便がとれる。太った人にも活用できるという利点がありますが、重い、腰上げができない場合、使用が困難です(介護者に力がない場合、使用しにくいことがあります)。
  • 「おむつ」「失禁パンツ」「尿とりパッド」
  • これらについては各社から販売されているので省略いたします。
  • 「トイレットペーパー挟み(排便用)」
  • お尻に手が届かず、紙で拭けない人が使用する用具です。はさみと同じ構造で、グリップ部と紙ばさみ部分に分かれ、バネで紙ばさみ部は閉じるようにできています。はさみのように握り、開いた部分にトイレットペーパーをはさみ、紙を開いて拭きます。
  • 「排泄総合サイトまるnavi」
  • 排泄用品としてのオムツ・パンツ、トイレ・ポータブル、採尿器・採便器、関連用品のポータルサイトがありますので、製品の選択にお悩みの際は閲覧してみてはいかがでしょうか。
  • 自助具
  • 家事
  • 「ボトルオープナー」
  • 握力の弱い方、指先の動きが制限される方に、ペットボトル・飲料の缶などを力をいれずに、楽に開けることができます。
  • 「とんとん両手なべ」
  • 手や指の変形、握力の低下などで握る力が弱い人、ひじ、手首、指の関節に運動障害がある人向けのお鍋です。
    ひじや手首、指の力が弱い人が、両手で不安なく持ち運びができるように、取っ手は普通サイズよりも大きめに設計してあります。取っ手を指で握らなくても安定して移動ができます。また200Vの電磁調理器に対応しています。「両手なべ」のほか、「フライパン」や「片手なべ」もあります。
  • 「片手用コップ洗い」
  • 片手が不自由な人がコップを洗うときに使います。流し台にスポンジを底部の吸盤で固定し、そこにコップを入れてコップを動かして洗うという形になります。
    市販の柄付きスポンジたわし、アクリル板、吸盤、タッピングネジを用意して作成する「自助具」です。掲載したURLは作り方のページです。
  • 「ジョグ 片手でぺーパー(芯あり・芯なし兼用タイプ)」
  • ペーパーが片手で切れるペーパーホルダーです。刃は危なくない軟質の素材を使用しています。弱い力でもペーパーが簡単に切れて便利です。
    通販サイト:http://www.kenko.com/product/item/itm_8840572072.html
  • 「ジョグ 長柄お風呂洗い」
  • 腰をかがめないで洗える柄が長いタイプです。持ち手の部分が輪になっているため、握力が弱い方でも持ちやすいようになるグリップです。ヘッド部はカーブに合わせて曲がるので余計な力を入れなくて良いようになっています。
  • 食器
  • 手首に重りを付けることで上肢の揺れが少なくなり、上肢の動作が容易になることがあります。また特殊はさみを箸の代わりに用いたりします。
    特殊スプーンとしては、
    ・手首をどのようにひねってもこぼれないようにスプーンの部分が回転するようになっている
    ・運動失調のため口の中を思わず突っついてしまっても、口の中が傷つかないように軟性のプラスチックで出来ている
    ・指先の力が弱くても大丈夫なように握り部分を太くしてある
     などの種類があります。
  • 「ピンセット箸」
  • 箸がうまく使えない患者さん向けです。
  • 「Kスプーン」
  • 嚥下障害のある患者さんにとって適切なスプーンです。
    一口量が多すぎず、少なすぎず、唇で取り込みやすいことを考慮して製作されました。
  • 「シャンテお汁わん」
  • 取っ手が持ちやすく、下から手を入れたり指でしっかり握れます。
  • 「すべり止め付きマット」
  • 食器などをしっかりグリップできる、便利なすべり止めマットです。ペットボトルのオープナーとしても利用できます。
  • 整容
  • 「ルーペ付きの毛抜き」
  • ピンセットやトゲヌキとしても使える精密な先細タイプの毛抜きです。
  • 「形状記憶歯ブラシ」
  • 患者さんそれぞれが違う形の手や指の状態に合わせ、「磨きやすいかたち」のハンドルを自由につくることができる歯ブラシです。ブラシの部分は着脱式です(電動歯ブラシのものを使用します)。
  • 「ルーペ付きつめきり」
  • ルーペがついていますので拡大しながら爪切りができます。
  • 「つめおもい」
  • 握りやすい形状で、つまんでも、置いても使える爪切りです。手のひらに接する面積が広いので、握力の弱い方でも問題なく使えます。
  • 趣味など
  • 自動ページめくり機「りーだぶる」
  • 親指と人差し指で1枚ずつめくるように、いろいろな本を電動でめくることができます。サイズは文庫本から~A4の単行本までです。寝たまま、仰向けの姿勢で、ご自分のペースでページをめくれることができます。意思伝達装置や環境制御機器とのアクセスもできます。
  • 「アシスタンド」
  • 「アシスタンド」は車椅子をご利用の方やベッドに寝たきりの方が気軽にパソコンでインターネットや、メール、意志伝達装置を用いてコミュニケーションをとるためのスタンドです。本やノートパソコンを設置できます。
    手動のため、「りーだぶる」よりリーズナブルになっているそうです。
  • 起き上がり
  • 「起き上がり補助装置おきらく」
  • 現在使用している和布団をそのまま利用できます。例えば、座位状態になればあとは何とかなるので大袈裟な電動ベッド等は必要がない、部屋に電動ベッドを置くスペースがない、常に使用するわけではないのでかたづけられる方がよい、などのニーズに便利です。
  • 「立ち上がり 補助装置相調手すり」
  • 手すりを側に置くことで、立ち上がり動作を補助し上記『おきらく』動作時の不安を解消します
  • 移動・外出
  • (車椅子は沢山あるため割愛いたします)
  • INTER LINX「アルミ軽量固定歩行器」
  • アルミで軽量な安定感のある歩行器です。歩行器については多くの種類が発売されています。
  • 「ゲイトコレクター Gait Corrector」
  • はさみ足や内旋・外旋の動きを抑制する介助歩行器具です。装着が簡単で、装着したまま椅子に座ることも出来ます。
  • 「ホイルソックス」
  • 車椅子のタイヤについた汚れを室内に持ち込まないためのカバーです。また、畳などにつくタイヤの重さの傷みを和らげます。
  • 「車いす用ハンドリムカバー スーパーグリップ」
  • 握力の弱い人のために考案された滑らないハンドリムカバーで、5サイズあります。
  • 「車椅子用ヘッドレスト「あんしん君」」
  • ほとんどの車椅子に工具なしで取付可能です。高さや角度が簡単に調節できます。
  • 「車椅子用レインコート」
  • 車椅子用のレインコートです。ライトがあたると反射するテープ付きなので、夜間の外出も安心です。カラーやサイズも豊富に揃っています。
    着用したとき雨をまっすぐ流す設計になっています。裏側は縫い目にテープを施し雨をしっかりシャットアウトするそうです。
  • 「片手巻きミニマフラー ミフラー」
  • 「ミフラー」を首にぶら下げ、片方の穴の部分にもう片方を通すことで、簡単に使用できます。穴は受け口状に立体仕上げにすることで、片手でも使いやすくなっています。マフラーと違ってしっかり固定されるので、動いてもずれたり、外れたりしにくくなっています。色も豊富で、家庭で洗えます。
  • 「リーチャー」
  • 手がとどかないエレベーターのボタンを押したり、遠くにあるものを引き寄せたりする「マジックハンド」です。折りたたみ式もあります。
  • コミュニケーション機器
  • 「MCTOS(マクトス)」
  • 生体信号(脳波・筋電・眼電)を検出して機器を操作するバイオスイッチです。パソコンなどの機器に手で触れることなく操作ができます。
  • 「EMOS(エモス)」
  • MCTOS(マクトス)の簡易タイプです。
  • KOTOBAX(コトバックス)
  • 日常会話196種類を発音(音声出力)します。
    専用のアダプタを使ってテレビのチャンネル切替・ボリュームのコントロールができます。会話はできませんが家族や介護者の携帯電話の呼出ができます。自分で簡単な文章作成、Eメールの送受信ができます。
  • 「ESCA(エスカ)」
  • 7種類の伝達内容を自動スキャンします。伝達内容の音声は、自由に録音することができます。ナースコールやチャイムと連動できます。指で操作することも可能です。目が不自由な方も使用できます(音による7項目の識別機能付です)。
  • 「心語り」(こころがたり)
  • 脳血液量の変化を利用したYes/No判定装置です。
  • 「伝の心」(でんのしん)
  • 身体の不自由な方のための意思伝達装置です。
  • 上肢障害者向けWindowsR操作支援ソフトウェア オペレートナビTT
  • 上肢が不自由などの理由により、マウス操作や、キーボード操作などの、WindowsR操作に困難を感じておられる方に、テンキーまたはスイッチを使ってWindowsRを操作していただくためのソフトウェアです。
    ※このほかにもさまざまな意思伝達装置がありますが、ページ上、割愛させていただきます。
    資料としては「重度障害者用意思伝達装置」導入ガイドライン(日本リハビリテーション工学協会)が参考になるかもしれません。
    http://www.resja.or.jp/com-gl/index.html

    また、機器については「エイティスクウェアード」に一覧があります。
    http://at2ed.jp/pro/categoryList1.php

    ▲以上、福祉機器に関しては全てを網羅することはできません。「兵庫県立総合リハビリテーションセンター」の福祉用具展示ホールのwebサイトで多くの福祉機器をご覧になれます(一部を除く)。
    http://www.hwc.or.jp/kensyuu/index.html

    また、「福祉食器器具」についてはhttp://www.willassist.biz/にさまざまな製品が紹介されています。
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。