難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
9月20日(木)
文字サイズを変更大標準小

食べ物

    ベーチェット病である、ということだけで、特別に食事が制限されるわけではありません。
    しかし、基本的にバランス良く消化しやすい食物をとることが症状を悪化させない事にもつながります。

    口腔粘膜アフタ性潰瘍で、口の中や唇の状態が悪い時に、痛みを少なくする食事を工夫する事もあります。
    個人差はありますが、刺激のない(熱さや辛さなど)もので、好みの味で、やわらかいものを普段から探したり、作ったりしておくと良いでしょう。
  • 腸管ベーチェット病患者が食べ物に注意すること
  • ベーチェット病は、内臓の疾患を伴う事が多く、食事は一般の人に比べて気を使う事が大切です。特にこれを食べたら良いという事はありませんが、消化が良く腸への刺激が少ない低脂肪食を心がけましょう。一般にお魚に含まれるn-3系の脂肪酸(青魚に多く、主成分はDHAやEPA)は炎症を起こしにくいといわれているので、脂肪をとるのならお魚からが良いでしょう。腸管ベーチェットの患者さんは、症状が重い時には栄養療法(絶食の上、IVHという点滴での栄養摂取)が有効である場合があります。
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。