難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
6月25日(月)
文字サイズを変更大標準小

医療機器

    神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病)では、骨病変や脳・末梢神経内腫瘍を診断するために以下のような医療機器が検査に用いられます。
  • X線検査
  • 人体を透過したX線をフィルムなどに焼き付けて画像化する検査です。身体がX線を通過させた部分では黒く写り、X線を阻止した部分では白く写ります。
  • CT検査
  • 人体を透過したX線をコンピュータで計算処理し、輪切りにした断層写真を撮影する検査です。X線の吸収が多い、骨の部分は白く写り、吸収が少ない空気などの部分は黒く写ります。目的によっては、ヨード造影剤を使用してよりわかりやすく病変部を撮影します。
  • MRI検査
  • 強い磁場のなかに入り、体の細胞にある水素原子の運動や濃度分布を反映した画像によって、診断する検査で、断面も自由に設定することができます。
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。