難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
6月21日(木)
文字サイズを変更大標準小

新聞記事

  • 新聞に掲載されたクローン病関係の記事
  • 【2014年】
  • 「(医・再発見)排泄障害:3 下痢は原因の見極めが重要 荒木靖三さん /福岡県」(2014年2月19日 『朝日新聞』)
    「(体とこころの通信簿)ストレスと腹痛 食生活改め服薬、多くは改善」(2014年2月17日 『朝日新聞』)
    「繰り返す口内炎、放置は禁物――感染防止・栄養補充を、重病が潜む危険も(元気ナビ)」(2014年1月31日 『日本経済新聞』)
    「iPS細胞から小腸細胞、熊本大、移植のリスク低減。」(2014年1月21日 『日本経済新聞』)
  • 【2013年】
  • 腸内細菌の免疫反応抑制、理研が仕組み解明、大腸炎など予防に活路。」(2013年11月14日 『日本経済新聞』)
    「潰瘍性大腸炎・クローン病の薬、武田、米で来年にも発売、日本での開発にも弾み。」(2013年10月31日 『日経産業新聞』)
    「生きる物語:幸せをあきらめない/8止 「前向き」周囲を感化」(2013年9月28日 『毎日新聞』)
    「生きる物語:幸せをあきらめない/7 若い同病者の励みに」(2013年9月27日 『毎日新聞』)
    「生きる物語:幸せをあきらめない/6 訪問看護やり遂げる」(2013年9月26日 『毎日新聞』)
    「生きる物語:幸せをあきらめない/5 娘のため「頑張れる」」(2013年9月25日 『毎日新聞』)
    「生きる物語:幸せをあきらめない/4 出産…みんなが応援」(2013年9月21日 『毎日新聞』)
    「生きる物語:幸せをあきらめない/3 人の痛み分かるから」(2013年9月19日 『毎日新聞』)
    「生きる物語:幸せをあきらめない/2 「頑張れっ」って大キライ」(2013年9月21日 『毎日新聞』)
    「生きる物語:幸せをあきらめない/1 七重苦、気にしない」(2013年9月18日 『毎日新聞』)
    「テラ、花粉症など新治療法、特殊な細胞で原因抑制、来年に研究開始。」(2013年7月17日 『日経産業新聞』)
    「肝臓がんで併発、希少疾病、あすか製薬、新薬申請へ、手のふるえなど原因物質減らす。」(2013年7月8日 『日経産業新聞』)
    「善玉細菌で腸炎抑制、慶大、特定疾患治療に期待。」(2013年6月19日 『日経産業新聞』)
    「抗体薬、難病の適応追加、アッヴィとエーザイ腸管炎症で。」(2013年5月27日 『日経産業新聞』)
    「(患者を生きる:2224)消化器 読者編:2 診断、もっと早ければ…」(2013年5月5日 『朝日新聞』)
    「(患者を生きる:2181)消化器 クローン病:6 情報編 若年で発症、増える患者」(2013年5月5日 『朝日新聞』)
    「(患者を生きる:2180)消化器 クローン病:5 自制し安定、前向きに」(2013年5月4日 『朝日新聞』)
    「(患者を生きる:2179)消化器 クローン病:4 破裂し切除、小腸30センチに」(2013年5月3日 『朝日新聞』)
    「(患者を生きる:2178)消化器 クローン病:3 切除から10年、ふたたび悪化」(2013年5月2日 『朝日新聞』)
    「(患者を生きる:2177)消化器 クローン病:2 腸を切除、不摂生を反省」(2013年5月1日 『朝日新聞』)
    「(患者を生きる:2176)消化器 クローン病:1 腹痛・痔ろう、やっと原因」(2013年4月30日 『朝日新聞』)
  • 【2012年】
  • (患者を生きる:2071)免疫と病気 私の「普通」:6 情報編 治療に選択肢」(2012年12月23日 『朝日新聞』)
    (患者を生きる:2069)免疫と病気 私の「普通」:4 意を決し電車で東京へ」(2012年12月21日 『朝日新聞』)
    (患者を生きる:2066)免疫と病気 私の「普通」:1 鋭い痛み、何度もトイレ」(2012年12月18日 『朝日新聞』)
    夫との出会いで音楽活動再び 難病のフルート奏者・奥田さん」(2012年10月17日 『朝日新聞』)
    腸の難病に新薬続々と 潰瘍性大腸炎・クローン病」(2012年6月5日 『朝日新聞』)
    幹細胞:体外で増やし、大腸修復 東京医歯大、マウスで成功」(2012年3月12日 『毎日新聞』)
    「炎症性腸疾患」を抑える免疫細胞 阪大教授ら発見【大阪】」(2012年3月6日 『朝日新聞』)
    腸疾患 免疫細胞で治す 炎症性 阪大、マウスで症状改善」(2012年3月6日 『読売新聞』)
  • 【2011年】
  • 「「クローン病」新薬目指す、慶応大・エーザイ、来春から治験」(2011年9月30日 『日本経済新聞』)
    「炎症性腸疾患の新薬第2相治験、東レ、欧州で開始。」(2011年7月18日 『日本経済新聞』)
    [支える]IBDネットワーク 審査醫亊、薬の情報提供に力」(2011年5月12日 『読売新聞』)
  • 【2010年】
  • 【漢方のちから 今、医療の現場で】(2)クローン病に「大建中湯」」(20101年6月29日 『サンケイ新聞』)
    (視点@くまもと)中山泰男:1 クローン病、知ってますか/熊本県」(2010年5月8日 『朝日新聞』)
  • 【2009年】
  • 病に負けぬ、うどん職人 クローン病と戦う坂崎さん、岐阜で来月開店/岐阜県」(2009年9月28日 『朝日新聞』)
    (患者を生きる:938)IBDと食事 自分らしく:6 情報編 体調に応じて」(2009年4月12日 『朝日新聞』)
    (患者を生きる:934)難病 自分らしく:2 雑誌創刊、点滴しながら取材」(2009年4月8日 『朝日新聞』)
    (患者を生きる:933)難病 自分らしく:1 試食も重ね、お菓子特集」(2009年4月7日 『朝日新聞』)
    (患者を生きる:920)クローン病の治療 そらぷちの空から:6 情報編 」(2009年3月22日 『朝日新聞』)
  • 【2008年】
  • 「難病腸炎の発症、メカニズム解明/阪大チーム」(2008年9月8日 『読売新聞(大阪版)』)
    「難病の潰瘍性大腸炎、クローン病 治療・研究センター開設 札幌東徳洲会病院が来月」(2008年3月12日 北海道新聞)
    「日清キョーリン、腸疾患薬の小児使用で承認取得」(2008年3月5日 日経産業新聞)
    「世界最新医療ニュース【ヘルスハイライト】ヤモリの足を真似た外科用粘着テープ」(2008年2月28日 薬事日報):クローン病による腸部分切除などの治療に、ヤモリの足にヒントを得た粘着テープ
    「 ウエスタン・オンタリオ大学、抗体などでクローン病治療(海外ハイテクフラッシュ)」 (2008年2月27日 日経産業新聞)
    「「夢をあきらめないで」 香良洲、難病乗り越え夫婦で演奏会」(2008年2月26日):クローン病患者でフルート奏者の記事
    「炎症性腸疾患(3)暴飲暴食を戒めて(寄りそうケア)」 (2008年2月21日 日本経済新聞 夕刊)
    「難病患者就労 理解を 県支援センター、21日研修会」(2008年2月18日 北日本新聞)
    「炎症性腸疾患(1)「明るく生きる」思い胸に(寄りそうケア)」 (2008年2月7日 日本経済新聞 夕刊)
  • 【2007年】
  • 「〔話題株〕ジーエヌアイ<2160.T>:炎症性疾患で新しい制御機構を発見」(2007年12月20日 ロイター)
    「関節リウマチ薬、継続投与の効能追加、田辺三菱製薬、クローン病向け」 (2007年11月14日 日経産業新聞)
    「【焦点】障害者雇用 まだ超氷河期」(中日新聞 2007年10月22日):クローン病患者さんの就労記事
    「からだと心相談室:「クローン病」に悩んでいます」(2007年9月22日毎日新聞 大阪夕刊)
    「クローン病で最終治験、エーザイ、関節リウマチ薬で」(2007年9月19日 日経産業新聞)
    「 炎症性腸疾患の外科治療の市民講座」(2007年9月4日 日本経済新聞 夕刊)
    「炎症性腸疾患の内科的治療に関する市民講座」、(2007年8月21日 日本経済新聞 夕刊)
    「世界最新医療ニュース【ヘルスハイライト】農場で過ごすことが小児の炎症性腸疾患の予防に」(2007年8月16日 薬事日報)
    「高校野球 雄姿に応援も一つ」(2007年08月10日香川版):尽誠学園の選手にクローン病の部員
    「世界最新医療ニュース【今日のニュース】クローン病に対する有望な新薬」(2007年7月30日 薬事日報):セルトリズマブ・ペゴルの研究記事
    「中国、炎症性腸疾患の発症率のトップは上海、コーラ等の常飲が要因」
    (2007年7月26日 IBTimes(アイビータイムズ))
    「健やかわかやま:知ってますか?「炎症性腸疾患」 増える子供の発症 /和歌山」(2007年6月16日 毎日新聞)
    「活躍する専門医II 第31回 藤村宜憲(よしのり) 川崎病院内科部長・内視鏡センター長 炎症性腸疾患治療/早期診断・治療に力」(2007年5月29日 山陽新聞)
    「医療相談室 クローン病で腹痛と吐き気」(2007年2月4日 読売新聞)
    「足利出身 「クローン病」のリュージュ選手 新井 栄司さん 同じ難病の仲間励ましたい 「挑戦」の記録を出版」(2007年1月31日 下野新聞)
    「ゼリア新薬、炎症性腸疾患薬で協和醗酵と開発・販売提携」(2007年1月30日 化学工業日報)
    「炎症性腸疾患 保険加入可能に」(2007年1月26日 読売新聞)
    「絶食BAND「クローン病」と戦う姿を歌に」(2007年1月17日 日刊スポーツ)
    「難病「クローン病」県中部の患者会準備 闘病支援へスクラム 静岡大院生の佐野さんら」(2007年1月7日 朝日新聞)
  • 【2006年】
  • 「こちら消化器科です【第23回】炎症抑えるインフリキシマブ 炎症性腸疾患(5)」(2006年12月31日 日刊スポーツ)
    「こちら消化器科です【第22回】成分栄養でクローン病炎症抑える 炎症性腸疾患(4)」(2006年12月30日 日刊スポーツ)
    「こちら消化器科です【第21回】大腸とらずにすむ白血球除去療法 炎症性腸疾患(3)」(2006年12月29日 日刊スポーツ)
    「こちら消化器科です【第20回】潰瘍のえぐれ方深いクローン病 炎症性腸疾患(2)」(2006年12月28日 日刊スポーツ)
    「こちら消化器科です【第19回】原因不明 若い人に発症多い 炎症性腸疾患(1)」(2006年12月27日 日刊スポーツ)
    「医療ルネサンス 地域と連携 難病でも仕事」 (2006年11月21日 読売新聞) :沖縄の患者団体アンビシャスの取り組みを紹介
    「【R&R】 クローン病の治療薬年末に第二相治験」( 2006年10月16日 日経産業新聞)
    「若者襲うクローン病 原因不明、県内でも急増 」 (2006年5月3日 熊本日日新聞朝刊)
    「ふくい発食育宣言 第1部 なぜか長寿県(7) 飽食時代の難病 苦痛恐れ食べられず」(2006年2月2日 福井新聞)
  • 【2005年】
  • 「難病患者たち・クローン病」(2005年2月8日 毎日新聞)
  • 【2004年】
  • 「ビタミン由来成分「鍵」 炎症性腸疾患のT細胞侵入解明」(2004年11月2日 朝日新聞朝刊)
    「クローン病、潰瘍性大腸炎の患者らがNPO設立」(2004年5月31日 神戸新聞)
  • 【2003年】
  • 「炎症の原因遺伝子特定 クローン病やリウマチ治療に光 九大と久留米大グループ 除去で痛み抑制効果」(2003年5月24日 西日本新聞)
    「大腸難病に新薬研究 旭川医大 小腸の殺菌作用に着目 東京のベンチャーと連携」(2003年4月18日 北海道新聞)
  • 【2002年】
  • 「潰瘍性大腸炎・クローン病に共済制度創設 死亡時に最高3千万円 患者支援のNPO」(2002年11月10日)
    「胃腸のかいよう、骨髄細胞が修復 難病治療に期待」(2002年8月26日 朝日新聞朝刊 )
  • 【2001年】
  • 「患者に 変異持つ遺伝子 腸の難病 クローン病 欧米チームが発見」(2001年5月22日 朝日新聞)
    「体の悩み聞いて効く-肛門周囲膿瘍 岩垂純一」(2001年4月4日 産経新聞)
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。