難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
6月22日(金)
文字サイズを変更大標準小

その他

  • mixiのコミュニティ
  • 慢性膵炎の会
    http://mixi.jp/view_community.pl?id=164702

    慢性膵炎と胆嚢炎の食事療法
    http://mixi.jp/view_community.pl?id=1713956

    慢性膵炎の妊娠・出産・育児(女性限定)
    http://mixi.jp/view_community.pl?id=2151042
    慢性膵炎で行われる検査
  • 血中および尿中膵酵素測定
  • 血液を採取し、血清中に含まれるアミラーゼ、リパーゼ、エラスターゼ1、P型アミラーゼ、PSTI(膵分泌性トリプシンインヒビター)などの膵酵素の値に異常がないか検査します。尿中でのアミラーゼ測定も行われます。
  • ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)
  • 内視鏡を口から十二指腸に挿入し、この内視鏡を通じてカテーテルを十二指腸ファーター開口部に挿入して、ここから膵管もしくは胆管に造影剤を注入して、胆管と膵管やその枝分かれした部分のX線画像を撮影します。この検査を受けた人の3-5%に副作用として急性膵炎(ERCP後膵炎)が起こります。
  • MRCP
  • MRI装置で胆嚢・胆管・膵管を描出する手法。ERCPのように造影剤やカテーテルを使わないので、患者さんへの負担は少なくてすみます。最近では3.0T (テスラ)の高精度MRIが徐々に普及しつつありますが、通常の1.5T以下のMRI装置では細かい病変まではわかりませんので、疑わしい病変が発見された場合には、ERCPによる詳しい検査が必要になります。

    その他、通常の体外式腹部超音波検査(US)、CTスキャン、必要に応じて内視鏡超音波(EUS)が行われます。膵機能を診断するためには、BT-PABA試験(PFDテスト)が必要です。
  • 疾患特有のメンタルケア
  • 長期にわたる食事制限や痛みから精神が不安定になり、心理的な要因から痛みを引き起こす患者さんがいます。そういった場合には抗うつ薬や抗不安薬が併用されます。また、疼痛対策で処方される麻薬鎮痛剤に対する依存が起こらないよう細心の注意が必要です。

    慢性膵炎の治療には食事、飲酒を含めたライフスタイルの見直しが必要なケースが多く、長期的展望に立って、患者と医師が根気強く共同していくことが重要であり、医師―患者の信頼関係と心身のサポートが大切です。
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。