難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
9月23日(日)
文字サイズを変更大標準小

医療機器

  • 人工膵臓について
  • 慢性膵炎が進行し糖尿病になると、インスリンを注射しなければならなくなります。現在、人工心臓をはじめとして、臓器の働きの一部を機械化する研究が各機関で実施されていますが、人工膵臓の研究も行われています。
    膵臓では食物の消化に必要ないくつもの消化酵素(炭水化物を分解するアミラーゼ、タンパク質を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼ等)を含む「膵液」や血糖値を下げるホルモンであるインスリンや血糖値を上げるグルカゴンが作られていますが、目下取り組まれている研究は、糖尿病に関係するインスリンをコントロールする装置の開発と小型化。膵臓のコントロールを全て機械で行えるようになるのはまだまだ先のようです。
  • [参考]日機装 ベッドサイド型人工膵臓「人工膵臓STG-22」
  • 大型コンピュータ…第一世代
    ベッドサイド型…第二世代
    携帯型(製品化と臨床応用の見通しあり)…第三世代
    体内植込み型人工膵臓(研究開発中)…第四世代
  • iPS細胞の膵再生医療への応用
  • ノーベル賞受賞の山中伸弥教授が作成したiPS細胞の膵機能細胞への臨床応用は未だですが、急加速度的な研究成果に期待が高まっています。
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。