難病ドットコム 特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト特定疾患・稀少疾患の医療情報提供サイト

 サイト内検索
6月25日(月)
文字サイズを変更大標準小

食べ物

  • 病者用食品
  • お腹に優しい"スマ食"from[フロム]19
  • クローン病・潰瘍性大腸炎難病支援プロジェクト 〔略称=IBD(炎症性腸疾患)サポート〕による、低脂肪・低残渣・低刺激の病人食ではない常食を、広く利用できるようにすることを目指す店。2014年2月時点では、お腹に優しい「スマートな食品」を厳選して冷凍で全国へ届けています。一部、健康・医療・介護関連商品も扱っています。
  • プロバイオティクス
  • 「ビフィーネM」
  • (発売;ヤクルト(ただし市販ではなくヤクルトレディによる配達品))

    潰瘍性大腸炎の患者さんの便の中には、病気でない人に比べてビフィズス菌が少なく、それが再燃に影響するのではないかと考えられているそうです。
    石川秀樹先生(京都府立医科大 分子標的癌予防医学)の臨床試験によれば、ビフィズス菌発酵乳を飲まれた患者さんは調子が良くなったそうです。比較的症状が安定していて時々炎症が悪化するようなタイプの方がよく効くようで、おなかが張ってきたり、粘液が増えてきたりした時に1日に1~2本程度、食後に飲まれるのが良いようです。
    理由としては、飲用したグループの飲用1年目の便を調べると、バクテロイデスブルガータス菌が減少していました。この菌は潰瘍性大腸炎の大腸粘膜によく見られ、増悪の原因の一つと考えられています。ビフィズス菌発酵乳が効いた理由は、ビフィズス菌発酵乳のなかにバクテロイデスブルガータス菌を減少させる成分があり、それによりその菌が減少したからかもしれません。
  • 「楽チン!ライフ」
  • 病院の栄養士さんが「クローン病や潰瘍性大腸炎の方に食事を楽しんでもらいたい」という思いから、生まれました。
    管理栄養士と調理師と冷凍食品の専門家による協同作業による試行錯誤の後、脂肪を控えた冷凍食品ができあがりました。
    主食・おかずのほかデザートなどがあり、腸に優しいラーメンや餃子が食べられます。
  • エームサービス「まんぞく君」
  • 低脂肪で、繊維も少なくクローン病や潰瘍性大腸炎の患者の食生活に便利です。カレーやラーメンもあります。
  • 食品成分データベース
  • 文部科学省の研究により、食品成分に関するデータベースを体系的に整理したもの。食品名を入力して検索すれば、エネルギーや脂質の量がわかります。食事日記やレシピの参考にどうぞ。
当サイトのコンテンツで、クリックすると外部のウェブサイトに直接リンクを設定している箇所があります。 ウェブ・アクセシビリティ向上のため(利用者の意図しないページの移動は行なわない)新規ウインドウではなく、 難病ドットコムと同じウインドウ内に開きます。 しかし第三者の管理するリンク先は弊社とは関係なく、ウェブサイトの内容・安全性を 弊社が保証するものではありません。   また、リンクは当サイト利用者への情報ナビゲート、及びQOL向上の便宜を図るため 参考資料として提供しております。 リンク先との間に提携などの特別関係はなく、商品・サービスの推薦を意図しているものではありません。 リンク先サイトの閲覧と利用はそれぞれのサイトの利用条件・個人情報保護方針等をご確認ください。